Gaijin Recruit

日本で就活している外国人のためのサイト

日本企業が求めていること

この記事を読んでいる人は、日本で仕事を希望しているために読んでいるか、またはもう日本で仕事が決まったために読んでいるかのどちらかでしょう。心の準備は大事です。備えあれば憂いなしとも言われます。
日本で、文化と人の違いで、「常識」や「当たり前の知識や行動」は外国と違うものがあります。この違いが勘違いを生み出す原因にもなります。
以下で「日本と外国の文化の違い全部」、または、「日本の会社が求めていること全部」を載せることができているわけではありませんが、一番大事・大きなポイントを絞って掲載しているつもりです。「会社からものを盗まないで」という一般的な知識は載せないことにいたします。


初めに

外国人をの雇いたい日本企業は大体二つのタイプに分けることができます:

  1. 外国人の雰囲気がするために雇いたい企業 - この企業は外国人の見た目と、日本語能力と外国語能力がある者を雇いたいと考えてよいでしょう。
    この場合でも仕事場での行動と考えは「日本人」のような感じがするひとである方がよいでしょう。
  2. 海外での経験があるから雇いたい企業 - この企業は国際企業として成長するために海外の知識を企業に取り込みたいと思っていることが多いです。
    外国人には、特別の(専門)知識が必要です。日本語ができ、日本のことが分かっているのはある程度「必要」ですが、「プラス」に思われています。

実際に、この記事であまり認識しない第三番目のタイプもあります:
英語教育.
英語教育学校 (English Language Schools)は日本企業でも、日本ではない企業でも両方あります。会社文化も同じように、会社により違います。大体、「英語ができる外国人」を求めていることには変わりません。できれば、見た目が「欧米人」であるなら、よりよいでしょう。学校の教育レベルは非常に差があり、12年英語で教育を受けた証拠を持っているネイティブしか雇わない学校もあります。教員免許を持っている人を優先している学校もあります。しかし、「学生の教育」を一番ではなく、「教師は外国人の雰囲気がする人で、英語が話せる」ことを一番に思っている学校もあります。
英語教師になりたい人のために一つだけのアドバイスをあげましょう:会社を選ぶ前に、その会社で教師として働いている人の話をインターネットで調べてほうがよういでしょう。大きな会社ほど、グーグルで出やすい情報でしょう。

以下の記事で、「日本人のような考えを持って、日本人のような行動を取ることができる外国人を雇いたい企業」の話をします。日本の社会文化で仕事するには大事な知識になるでしょう。.
Bタイプ会社で働きたい方々にとって、このリストも役に立ちますでしょう。しかし、Bタイプ会社は外国から学びたいと思っている会社が多いため、ゆっくり慣れさせるまで少し時間をあげますでしょう。

要求 - 簡単一覧

強いていえば、日本の会社は命令に従い、主体的な思考を思いながら、集団的な人物を望んでいます。上司と先輩の言葉にも、日本の常識(会社と社会のルール)100%に従い、命令に質問をしないままに従います。最初の時期(一年間から三年間までの時期ぐらい)、新人の意見はあまり大事に思われてないので、直接に聞かれている限りに、何も言わないほうがよいでしょう。
そして、社員が長い間を会社で頑張り続けていることも望ましいです。会社が、大事な人材にお金も、時間もつぎ込みますので、長い間会社に残らないと会社側から意味のない行動になります。
何年たったら、新人の教育させることもあります。その時点でちゃんと会社の一人とされた証拠になります。

行動と作法

ビジネスマナーについて様々な本があります。元々新卒向きですが、外人にも大変役に立ちます。言葉扱いも、電話に出る方法、ビジネス手紙の書き方、上司や先輩や後輩に対する態度も全部が書いてあります。
雇ってくださったばかりなら、会社があなたの外国人的な行動について理解してくれているかもしれません。場合によって、会社から、会社マニュアルももらいます。マニュアルを貰った場合に、ちゃんと全部を読んだ方がよいでしょう。服、行動、給料、就労時間、辞める時手続きなどが書かれたことが多くあります。
しかし、誰にでももらうものではありません。会社にも、作業にもよります。そして、もらったとしても、日本人にとって「常識」というものが書いてない場合も多くあります。

挨拶

挨拶は、「おはようございます」、「お先に失礼いたします」、「お疲れ様」から、命令を受けるための「はい!」、「かしこまりました!」まで全部の言うべきことを含めます。
挨拶はいつでも笑顔で、明るく、大きな声です。絶対に相手を見てから言うものです。仕事場で一日の最初と最後のあいさつ(「おはようございます」と「お疲れ様です」)してから、いつでもお辞儀したほうがいいでしょう。

お辞儀

日本でのお辞儀は大事なものです。

  • 歩きながら、しないもの。
  • お辞儀する前に、相手を見て、話して、話し終わってからお辞儀するべきです。(お辞儀しながら話すのは、相手ではなく、床に話しかけている感じがしますので)。
  • 背中をが居れたみたいにまっすぐに立ち、肩と腰を並びます。
  • 男は腕と手をを体に並べた形にし
    女は手を前にもっても大丈夫です(左手を右手の上に)。
  • 足も背中も伸ばした状態で、
    腕を以上の形のままに腰からお辞儀しましょう。
  • 一般的に、お辞儀の程度が様々に有ります。15程(浅い礼)、 30程(普通の礼) 、45程(深い礼)もあります。会社により45程を超えるお辞儀もあります。
    低くなるほど、礼儀正しくなります。

「はい」

日本人は「はい」をよく使います。この「はい」に様々な意味があります。「かしこまりました」、「そうです」、「話を聞いています」のために「はい」があります。
話を聞いているための「はい」は特に大事です。10秒ごとぐらい、又は相手があなたから何かを求めている感じがするときに、「はい」をついかいましょう。この「はいは明るい、大きな声ではなく、会話に合わせた「はい」②しましょう。

服装

カジュアル・私服を許されている会社以外では、ビジネス服、及びは制服が一般です、スーツは派手な色ではなければ、どんな色でも大丈夫ですが、会社の正社員を見ながら、新しいスーツを選びましょう。

名刺

物を上げる時に、特に名刺の場合は、両手で上げるのが礼儀です。相手を向いて、物を両手で、相手が文字を読める状態で物を上げましょう。
物をもらう時にも両手で受けましょう。名刺の場合は「頂戴いたします」を言いましょう。
名刺はすぐに片付けるのではなく、すぐに読みましょう。質問などありましたら、この時に聞きましょう。
会議の時に、もらった名刺を相手に合わせて、自分の前に並べましょう。できれば、名刺ケースの上に置きましょう。

出勤、勤務時間、残業

仕事は9時からなら、10~15分前に事務所に着いたほうが礼儀です。特に新人の場合に、会社は新人が早めに来るのを期待しています。郵便物を確認、事務所掃除などさせることは多くあります。
どんな理由でも少しでも遅くなりそうでしたら、すぐに上司に連絡を入れましょう。間に合いましたら、害はありませんので、普通に挨拶すればいいです。しかし、遅れてしまいましたら、挨拶と一緒に遅れたことに対して謝りましょう。
上司が事務所を入りましたら、仕事を一旦に辞め、立ち上がって、挨拶をしましょう。会社により、上司だけではなく、先輩にもします。同じ立場の人には軽いお辞儀でも大丈夫ですが、目上の人に対しては丁寧にお辞儀しましょう。
何か質問されたら、やっていることをやめ、相手を見てから「はい」を言いましょう。相手が全部話してから、話を聞いている「はい」以外に何も言言わないことが重要です。
仕事しながら命令されたら、すぐに命令に従いましょう。
会社により、上司が事務所を出ってから事務所を出ること、及びは「サービス残業」をすることが期待されています。「サービス残業」は給料に含めていますので、前知らせがない上、お金にはなりません。
自分の仕事が終わりましたら、帰ることではなく、同僚の仕事の状態に聞きましょう。手伝えることありましたら、手伝いましょう。

退職

会社を辞めたいなら、会社と仲が良い関係のままで別れましょう。会社側から退職の際の手続きさせる必要もありますので、嫌な状態のままに退職すると、後は大変になる場合もあります。
まず、辞めたい気持ちになった時点で、契約と会社マニュアルをもう一度よく読みましょう。契約は「法律的」に思われていますが、全部契約通りだけに進むと、会社に失礼になる可能性があります。しかし、法律的の権利を知ったほうが良いでしょう。
確実退職したい場合に、まずは手紙ではなく、自分で直接に上司に辞めたい気持ちをできるだけ3か月前に伝えるべきです。契約では「一か月」と書かれても、会社は三か月を望んでいます。退職したい理由に聞かれる場合もありますので、退職理由リストを作りましょう。
退職許可をもらってから、退職書を出しましょう。退職書に退職日付とこれからの連絡先などを書きましょう。
会社が日本入国管理局に退職の知らせをします。就労ビザは会社からもらったものでしたら、ビザが3か月以内に使えなくなります。3か月以内に新しい会社を見つかり、新しいビザを申し込みましょう。

ブラック企業

一つだけの忠告をしたいと思います。以上で書かれたものが厳しいと思っている方もいます。しかし、完全自由時間が無くなり、ルールに縛れていることになった場合、日本人も「これは普通」といいません。これをさせる会社は日本で、「ブラック企業」と呼ばれています。大量残業、諸手当無し、普通より低給料と大体休日なしの状況でしたら、ブラック企業で多くあることです。社員は休日を貰える場合に、疲れ過ぎて、一日中寝ることが多くあります。
ブラック企業で働いている方々はダブルバインドの状態に陥っています。疲れて、休日もあまりないので、新しい会社を見つかるための就活は不可能です。新しい会社を見つかったとしても、今の会社での仕事を辞めたら「会社を入ってから、すぐ辞める」という悪い印象を与える可能性もあります。
契約をサインする前に、インターネットで働きたい会社、あなたを雇いたい会社の名前と「ブラック企業」を検索したほうがいいでしょう。
ブラック企業はかなり人を無理させます。このような会社で仕事している方々には、日本の会社全部が同じような会社だと思うようになる可能性はあります。しかし、ブラック企業は「普通」に思われてありませんので、ご安心ください。