Gaijin Recruit

日本で就活している外国人のためのサイト

Visa

日本に働くにはビザが必要になります。詳細な情報はかなり複雑になりますが、この記事で簡単にビザ種類などの概要を述べます。
この記事の情報は2015年11月に行った探索によるものです。詳細な情報は次のリンクになります:


ビザ種類

自分の国はどれだけのビザ種類を持っているか、普段はあまり考えないでしょう。日本の場合、かなりあり、就労は可能、決定された就労しかできません、就労は不可能のものに分けられています。以下に2015年11月に存在しているビザを載せます。就労可能ビザは「高度専門職ビザ」、「就業ビザ」「外交・公用ビザ」と「特定ビザ」になります。

高度専門職ビザ

ポイントシステムで決められるビザの為、会社ではなく、自分で準備し、取ることができます。ポイントシステムといえば、実例で説明します。例えば、日本語能力執権1級が出来ました時点、15ポイントになります。70ポイント出来ましたら、このビザを取れます。詳しいことは日本入国管理局のページで確認できます。

  • 高度専門職ビザ(HSP)
    • 高度学術研究活動 - 「高度専門職1号(イ)」
    • 高度専門・技術活動 - 「高度専門職1号(ロ)」
    • 高度経営・管理活動 - 「高度専門職1号(ハ)」
就業ビザ

日本で誰かがスポンサーして頂かないと、申し込みがかなり難しいです。その上、指定された領域以外で仕事ができません。メインの仕事以外に何かしたいなら、企業からも、入国管理局からも許可を得ないとできません。

  • 経営・管理 - 日本でのビジネスを育てる、又は日本の会社に投資するためのものです。日本での事務所と500万円投資が必要とされています。
  • 技術・人文知識・国際業務 - 大学卒業証明書が必要です。または何年間かの経験を必要とされている場合もあります。
  • 企業内転勤 - 同一企業の日本支店(本店)に転勤する者など。(海外の会社に一年の)
  • 技能 - 外国料理の調理師、調教師、パイロット、スポーツ・トレーナー、ソムリエなど。
  • 教授 - 大学教授、助教授、助手など。
  • 芸術 - 定職として、自分のアートだけで生活ができる保証が必要になります。
  • 宗教 - 僧侶、司教、宣教師等の宗教家など。
  • 報道 - 新聞記者、雑誌記者、編集者、報道カメラマン、アナウンサーなど。
  • 法律・会計業務 - 日本の資格を有する弁護士、司法書士、公認会計士、税理士など。
  • 医療 - 日本の資格を有する医師、歯科医師、薬剤師、看護師など。
  • 研究 - 研究所等の研究員、調査員など。
  • 教育 - 小・中・高校の教員など。
  • 興行 - 演奏家、俳優、歌手、ダンサー、スポーツ選手、モデルなど。
外交・公用ビザ

外交使節団につながっているビザのため、申し込みは入国管理局ではなく、外務省に通ります。

  • 外交 - 外交使節団の構成員、外交伝書使など。
  • 公用 - 外交使節団の事務及び技術職員並びに役務職員など。
一般ビザ

一般ビザで、通常仕事をすることは不可能です。
学生ビザは例外になります。学校から許可を得、仕事のタイプは禁じられてない場合に、週に20~24時間ができます。禁じられている仕事は「水商売」(バー、クラッブなど)と犯罪になる法律違反行動の仕事です。

  • 文化活動 - 無報酬のインターンシップ、茶道・華道の研究者など。
  • 留学 - 日本の大学・短期大学、高等学校、中学校、小学校等への留学生、日本語学校の学生など。
  • 研修 - 企業・自治体等の研修生、実務作業を伴わない研修。
  • 家族滞在 - 長期滞在外国人の扶養を受ける配偶者及び子。
  • 文化活動 - 海外の子会社等から受け入れる技能実習生、監理団体を通じて受け入れる技能実習生。
  • 観光
特定ビザ

日本人のように、このビザではどんな仕事でもできます。
「特定活動ビザ」だけは例外です。文字通り、特定活動ですので、指名されている活動により、就労可能・不可能になります。

  • 日本人の配偶者等
  • 永住 - このビザは日本に長く住んでいる外国人のためのものです。10年連続、その10年の5年は就労ビザで日本に住んだことがありましたら、および日本人と結婚してから3年間が経ち、その3年間の1年間は日本に住んだことがある場合には、許可がもらえる可能性が高いでしょう。詳しくは日本入国管理局日本入国管理局 - 特別永住者の制度「Japan Visa」(英語のみ)まで。
  • 永住者の配偶者
  • 定住者 - 日系人、定住インドシナ難民、中国残留邦人の配偶者・子など。
  • 特定活動 - 外交官等の家事使用人、ワーキングホリデー入国者、報酬を伴うインターンシップ、EPAに基づく看護師、介護福祉士候補者など。およびは観光・保養を目的とするロングステイ。名前は同じですが、手続きは微妙に違いますので、ご注意ください。

ワーキング・ホリデー・ビザ

特定活動ビザから、特別に意識するビザがあります:ワーキング・ホリデー・ビザ。いくつかの国は日本と特別なつながりを持っており、その国の国民は日本のワーキング・ホリデー・ビザを取れます。
ワーキング・ホリデーの目的は、日本でのホリデーの時にお金に困らないように、という目的です。ワーキング・ホリデー・ビザで、日本でアルバイトなどができます。しかし、学生ビザ・就労ビザと同じように、水商売(バーやクラブ)の仕事は禁じられています。水商売した場合、店は罰金になり、自分が国外追放されます。
2015年に調べた時点で、以下の国の国民がワーキング・ホリデー・ビザ申し込み可能です:

  • オーストラリア
  • カナダ
  • デンマーク
  • フランス
  • ドイツ
  • 香港
  • アイルランド
  • 韓国
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • 台湾
  • 英国

国によって、年間発給枠の数は違いますので、ご注意ください。
査証申請時の年齢が18歳以上30歳以下です。オーストラリア,カナダ及び韓国との間では18歳以上25歳以下ですが,各々の政府当局が認める場合は30歳以下まで申請可能です。
健康であり、子又は被扶養者を同伴しなく、有効な旅券と帰りの切符(又は切符を購入するための資金)と滞在の当初の期間のために必要な資金を所持しなければ、なりません。
以前にワーキング・ホリデー査証を発給されたことがある人は取得することができません。

詳しくは日本入国管理局で読めます。

就労ビザ申込み

ビザの種類が様々あるため、全部を前に確認し、自分にはどんなビザが申込めるかを考えたほうがいいでしょう。それから、そのビザにの種類につながる仕事を探しましょう。普段は会社側が就労ビザの申込みを行います。お金も、時間も、様々なことを掛かりますので、できるだけ3か月~半年以内に辞めないように頑張りましょう。
ほぼ全部の就労ビザには、大学(海外のでも、日本のでも)を卒業してないなら、申込み出来ません。ビザにより、違う書類も必要とされています。必要な書類を全部日本語に翻訳したほうがお勧めです。法律的ではない書類なら、大体自分で翻訳してもいい場合が多くあります。法律的な書類は正式な(弁護士が印象された)翻訳が必要になる場合が多くあります。しかし、書類によりますので、念のために確認したほうがよろしいでしょう。

申込み時間

申込み時間は2~3か月かかる場合が多いです。(観光ビザ以外の)ビザ変更だけでしたら、早くても2週間かかりますが、2~3か月ほどかかる覚悟してください。

仕事がなくなり、ビザもなくなります

会社がビザスポンサーでしたら、仕事を辞めることはビザをなくすことにつながります。仕事を辞めたら、3か月以内新しい仕事、新しいビザと健康保険が必要になります。ちゃんと仕事を探している(=様々な採用サイトとハローワークに登録し、履歴書を様々な会社に送っている)こと、3か月以内にみつからない場合、6か月の「就活ビザ」申し込みができます。就活中の保証が必要です。
例えば特定ビザのように自分のビザが会社に関係ない場合、会社を辞めても、ビザに影響はありませんでしょう。